美容整形に関する失敗原因から成功への鍵をつかもう!

美容整形外科でリスクの低い手術~目の下のたるみ・クマ・ほうれい線を解消~

失敗するリスクを減らすために知識を深めよう

施術を受ける女性

顔の整形では、目の下のたるみやクマ、ほうれい線、ニキビ跡、二重整形の手術を受けることで若返り効果が出ます。しかし、これらの手術を受けて失敗した人も中にはいます。美容整形外科で手術に失敗しないためには知識が必要です。

みんなが失敗してしまった美容整形手術ってどんなもの?

フェイスリフト手術(ほうれい線解消)
フェイスリフト手術は、顔の皮膚の一部を切り取って繋ぐことでしわやたるみを無くすことができます。このフェイスリフト手術では顔全体をリフトアップすることもできますが、部分的にリフトアップする方法でほうれい線を無くしたり、額のしわを無くしたりということも可能です。しかし、このフェイスリフトは、かなりの効果が期待出来る反面リスクも大きいです。皮膚の一部を切り取るため、一度手術をした後に元に戻すことは不可能です。
目の下のたるみやクマ解消手術
目元のクマやたるみの解消にはたくさんの手術方法があり、目元の状態や年齢、生活習慣でその方法が変わります。目の下のクマを解消するには、下まぶたの脂肪を取り除く手術や脂肪を移動させる手術、脂肪を注入する手術などがあります。目の下のたるみは、眼瞼下垂治療を受けて解消することが可能です。人によって解消出来る手術方法が異なるため、無料のカウンセリングでどのような手術方法が自分に合っているのか、医師と相談して決めましょう。
ニキビ跡を消す手術
ニキビ跡にも、クレーターやしこり、ミミズ腫れなどの種類があります。ニキビ跡は、ニキビのように手入れをしたからといって治るものではありません。このようなニキビ跡をレーザー照射の手術を受けることで治すことが出来ます。しかし、様々な機械があることとその機械を使用する医師の技術力によっては確実に綺麗な肌の状態になるとは限りません。高い効果を得るためには、ニキビ跡の治療に関して理解し、専門の医師と相談することが大切です。
二重整形手術
二重整形にはいくつか手術方法があり、費用の安さと簡単に出来ることもあり老若男女問わず人気のある美容整形です。まぶたを綺麗な二重にするだけで顔の印象は大きく変わります。二重まぶたの手術方法には、埋没法と切開があります。簡単で価格が安いからというだけで手術を決めてしまうと失敗する可能性が高くなります。プチ整形のようなものだからと軽く考えずに、失敗する可能性もあることも考えてカウンセリングをしっかりと受ける必要があります。

安全性の高い美容整形を選ぶ

美容整形にもリスクがあるため、美容整形外科で若返りなどの目的で顔の整形手術を受けるのが怖くなることもあります。そのため、しっかりとした意思をもって挑まなければ、結果が出るまでに不安な気持ちでいることになります。不安の大きい人はリスクの少ない美容整形がないかどうかも確認してみましょう。

各美容整形手術の中でも失敗のリスクが少ない種類

ほうれい線を解消する場合
ヒアルロン酸を注射器で注入することで顔のたるみを無くすことができるので、ほうれい線を解消して若返ることができます。ヒアルロン酸はもともと体内に存在している物質なので安全性は高いです。メスを入れずに注射のみの治療のため、失敗するリスクは少ないです。この若返りにも使われるヒアルロン酸注射は、沖縄や大阪など、エリアに関係なく比較的安全性の高い治療を受けることができます。しかし、リスクは少なくても経験豊富な医師に施術してもらうことでより安心して施術を受けることが出来ます。
目の下のたるみやクマを解消する場合
目の下にできたクマや厄介なたるみを解消できて、かつリスクが低い方法は、リッチ・フェイス法です。リッチ・フェイス法は、一度自分の身体から抽出した脂肪を濃縮させて、それを気になるクマや目の下のたるみの部分に注入する方法です。この方法は、自分の身体から取った脂肪を使用するため、異物反応が起きずリスクが低くなります。さらに、脂肪を濃縮処理することで注入後の生着率が上がり、石灰化やしこりが起きるリスクもかなり低くなっています。そのため、従来の脂肪注入よりも安心でき、リスクの低い施術を受けることができます。
ニキビ跡を消す場合
ニキビ跡を治すために「失敗しない」「安全性」ということを重視して見ると、自然治癒力に頼ることが一番です。しかし、美容整形を受けるうえで安全性を求めるならFGF治療を行なうと良いでしょう。FGF治療とは、人の身体で作られるたんぱく質の一種を肌に注射して皮膚組織を再生させる治療方法です。この方法だと、デコボコとしたニキビ跡でも改善が期待できます。人の体内で作られるたんぱく質と同じ成分のため、拒絶反応やアレルギーを引き起こすリスクが低く、安全です。
二重手術
二重まぶたの整形手術には、「埋没法」、「切開法」、「目頭・目尻切開」、「眼科懸垂」などの種類があります。二重まぶたにするために行なう手術の中では埋没法がリスクは低いです。埋没法とは、切開法のようにメスを使用してまぶたを切ることはありません。メスを使用せずに、医療用の針と糸を使用して二重を作ります。手術時間も15分ほどと短く、術後の回復にも時間はかかりません。完成した形に納得できない場合は抜糸して元に戻すことが出来ます。切開手術よりもリスクは低いです。

まとめ

目を閉じる女性

安全性の高い美容整形手術は、失敗するリスクが低い反面、施術効果の持続期間が短かったり、効果が薄かったりすることもあります。このような手術後の効果の持続性などの知識も踏まえたうえで、リスクの低い手術を選ぶことが大切です。リスクが低く、安心して受けることが出来る手術でも、自分が理想としているイメージをしっかりと医師に伝えて、最適な手術方法を選びましょう。自分に最適な手術方法の知識を得ることと技術のある医師を選ぶことで納得のいく美容整形を受けることが出来ます。

TOPボタン